So-net無料ブログ作成

鳩山内閣、政権末期の麻生内閣以下の評価 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)

 今回の世論調査では、鳩山内閣が掲げる政策など10項目への評価を尋ねたが、全項目で「評価しない」が上回った。首相の指導力や景気対策、外交政策でみると、昨年の衆院選公示直前の麻生内閣の評価よりも低い数字で、有権者の目にはすでに「政権末期」と映っているようだ。

 政権最大の懸案事項になっている米軍普天間飛行場移設問題や高速道路料金の見直しをめぐる対応は7〜8割が「評価しない」と回答。こうした問題の収拾を図れない鳩山由紀夫首相の指導力でも9割が「評価しない」と断じた。景気対策や外交政策など項目の大半でも支持は10%台で、最も評価された「首相の人柄」ですら、36・9%しか評価を得られなかった。

 具体的な政策では、普天間問題が日米関係に「悪影響」と考えている回答は72・4%に上るが、首相が掲げる「5月末の決着」の実現については87・5%が「無理」とみる。その場合の対応では、過半数が「退陣すべきだ」と回答した。また、高速道路料金について民主党の小沢一郎幹事長が異論を唱えたことに、80・7%が「適切ではない」とするなど、民主党政権に対する世論の幅広い懸念が感じられる。

【関連記事】
鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」
内閣支持率、さらに下落22.2% 産経・FNN合同世論調査
「支持率低下にもめげず…」平野官房長官
舛添氏「国民は自民党政権望んでいない」
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相
「裸の王様」次に座るのは…

5か月長女を壁に投げつけ…無職母親を逮捕(読売新聞)
支給方法で選択制も=11年度以降の子ども手当−仙谷戦略相(時事通信)
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定(産経新聞)
テレビ朝日に銃弾? 届く=脅迫容疑で捜査−警視庁(時事通信)
米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)

<傷害致死容疑>横浜市職員逮捕 妻殴り死なす(毎日新聞)

 妻を暴行して死なせたとして、神奈川県警港南署は20日、横浜市交通局営業推進課職員、目沼俊彦容疑者(54)=同市港南区野庭町=を傷害致死容疑で逮捕した。同署によると、目沼容疑者は「特にありません」と話しているという。

 逮捕容疑は18日午前7時ごろ、自宅で妻佳代子さん(58)を殴るなどして搬送先の病院で死亡させたとしている。同署によると、同10時ごろ自分で119番した。市によると、目沼容疑者は病気を理由に08年8月〜今年3月は休職、4月1日に職場復帰したばかりだった。【宗岡敬介】

【関連ニュース】
提訴:障害者枠採用の女性「職場いじめで退社」賠償求め
働くナビ:労働相談の受け手向けに、マニュアルができました。
働くナビ:精神疾患、自殺の労災認定基準が10年ぶりに見直されました。(2/2ページ)

警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続−環境省(時事通信)
エア・ドゥ機、羽田に引き返し緊急着陸(読売新聞)
八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)

<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)

 16日午前6時35分ごろ、東京都千代田区永田町1の東京メトロ千代田線国会議事堂前駅で、代々木上原発我孫子行き電車(10両編成)がいったん発車した後、約100メートル先で動かなくなるトラブルがあった。故障の原因は調査中。千代田線は約20分間、全線で運転を見合わせ、約5100人に影響した。

エア・カナダ機、成田に2度緊急着陸(読売新聞)
車掌キセルに駅員関与…「気軽に応じてくれた」(読売新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)
小学校の個人情報入ったUSB紛失 杉並区(産経新聞)

「1Q84」3、発売開始(読売新聞)

 村上春樹さんの長編小説「1Q84」BOOK3(新潮社)が16日、全国一斉発売された。

 深夜営業を行う東京・渋谷の「TSUTAYA」では、午前0時から販売を開始。取材のテレビカメラが取り囲む中、到着した新刊を覆った白い布がはずされると、待ち受けた約20人が次々に買い求めた。

 30人余りが並んだ青山ブックセンター六本木店で購入した韓国人留学生ファン・ヒョヨンさん(27)は、「BOOK1、2は韓国語版で読んだが、3は勉強中の日本語で読むと決めた。『1Q84』は普通でない生活を描いているところが面白い」と話した。

 BOOK3はすでに70万部まで増刷が決定。累計部数は314万部に達した。

街角景気「持ち直し」=基調判断を上方修正(時事通信)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
<日本学術会議>受動喫煙の対策強化を提言 立法措置求め(毎日新聞)
中山恭子氏、新党入りは「考えたことがない」(産経新聞)
普天間移設 実務者協議見送り 米大使、地元合意に懸念(産経新聞)

鳩山邦夫氏、新党参加当面見送り…平沼氏と一致(読売新聞)

 新党結成を目指す無所属の平沼赳夫・元経済産業相は6日午前、無所属の鳩山邦夫・元総務相と電話で会談し、国会議員5人で10日に新党を発足させる考えを伝えた。

 鳩山氏の参加についても協議したが、結党時は見送る方向で一致した。

 鳩山氏は電話会談後、都内で記者団に、自らの新党への参加について、「私はもっと、国民が沸き立つような、清新なものと思っていたから、ちょっと違うかな、という感じだ」と述べ、慎重な姿勢を示した。

 平沼氏は5日夜、都内で与謝野馨・元財務相らと会談し、10日に新党を結成することで合意した。夏の参院選では、比例選で10人の候補者擁立を目指すとともに、選挙区でも東京選挙区(改選定数5)などで候補を擁立する考えで一致した。

 ただ、平沼氏は鳩山氏は結党時には参加しないとの見通しを示し、6日午前も記者団に新党結成メンバーに鳩山氏の参加への消極論があることを認めていた。

 平沼、鳩山両氏は当初、6日中にも都内で直接会談する方向だったが、見送られた。

放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
与謝野新党 「第三極」狙いに憶測 みんなの党打撃? 小沢氏の影?(産経新聞)
夫に火を付けられ入院中の妻、死亡 茨城・美浦(産経新聞)
<損賠提訴>自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
与謝野元財務相 離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)

<母子加算訴訟>解決へ国と基本合意(毎日新聞)

 生活保護の母子加算や老齢加算の減額、廃止は生存権の侵害として、母親やお年寄りが処分取り消しを求めた集団訴訟で、国と原告・弁護団は1日、母子加算についての訴訟の解決に向けた基本合意書に調印した。国が国民の最低生活水準を検証し、国民の健康的で文化的な最低限度の生活の確保に努めるなどの内容。5地高裁12人の母親らが母子家庭の窮状を訴えた訴訟は全面的に終結する。

 行政訴訟を通じ、国が生活保護基準の明確化や対応強化を言明した形で、原告・弁護団は「きわめてまれ」としている。母子加算は政権交代後の昨年12月に復活したが、老齢加算は廃止されたままで、老齢加算の訴訟(8地高裁・原告101人)は継続される。

 基本合意書はこのほか、04年以後の加算見直しと削減・廃止による母子・老齢世帯の窮状について「遺憾」と表現。国は今後、母子加算を十分な調査や合理的根拠なしに廃止しないとした。検証は長妻昭厚生労働相が設けた有識者会議の調査などを通して行う。

 調印式で長妻厚労相は「(母子加算は)具体的根拠が乏しい中で廃止した経緯がある。最低限度の生活を全国一律に保障する基準を皆さま方と作っていきたい」とあいさつ。長男が高校1年の時に削減が始まった原告代表の辰井絹恵さん(47)は「『健康で』と『文化的な』のどちらも抜けない基準をしっかり作っていただきたい」と述べた。

 老齢加算の訴訟は継続することについて、原告弁護団の竹下義樹弁護士は「母子加算ほど注目されなかった老齢加算が置いてきぼりを食らったのは(現政権の)政治的判断として不十分だ。我々にも反省があるが、人間らしさを失い、生きているだけというお年寄りの苦しさを(今後の裁判で)訴えていく」と述べた。【野倉恵】

【関連ニュース】
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず
たまゆら:「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る
無料低額宿泊所:無届け施設も規制 議員立法へ骨子案
ホームレス:1万3124人で前年比2635人の減少
無料低額宿泊所:入所者増に市原市悲鳴、保護費に業者続々

地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束(時事通信)
<シー・シェパード>日本側の対応批判 元船長起訴の方針に(毎日新聞)
子供の口周りで気になるのは虫歯(産経新聞)
<火災>民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂(毎日新聞)
やせ細る兵士 北朝鮮の現実 9日、都内で写真展(産経新聞)

政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)

 03年11月の衆院選前に共産党機関紙などを配布したとして国家公務員法(政治的行為の制限)違反に問われた社会保険庁職員(現・日本年金機構准職員)、堀越(ほりこし)明男被告(56)の控訴審判決で、東京高裁は29日、罰金10万円、執行猶予2年の有罪を言い渡した東京地裁判決(06年6月)を破棄し、逆転無罪を言い渡した。中山隆夫裁判長は「政党機関紙配布が行政の中立的運営を侵害するとは考えられず、罰則適用は国家公務員の政治活動の自由に必要限度を超えた制約を加えるもので、表現の自由を定めた憲法に違反する」と違憲判断を示した。

 地裁判決は、国家公務員法の政治的行為の制限と、制限行為を具体的に定めた人事院規則の規定について合憲と判断した最高裁判決(74年)を踏襲し「公務員の政治的中立性を著しく損なう」と有罪を言い渡していた。弁護側は「休日の勤務時間外の行為で違法性はない。国家公務員法と人事院規則は公務員の政治的表現を萎縮(いしゅく)させる過度の規制で違憲」と主張していた。

 中山裁判長は国家公務員法と人事院規則自体は合憲と判断した。しかし、最高裁判決が政治的行為の禁止について勤務時間の内外や職種を限定していないことについて「不必要に規制が広すぎる」と指摘。堀越被告の職務が、社会保険事務所で年金相談に回答するもので裁量の余地がなく、管理職でもない点や、機関紙を配布した日が休日だった点などから「職務とかかわりなく政党機関紙を配布しても行政の中立的運営が損なわれる危険はない」と結論づけた。

 また国家公務員の政治的行為について「最高裁判決以降、国民は許容的になっており、刑事罰の当否を含め再検討されるべきだ」と踏み込んだ。

 検察側は控訴審で「公務員の政治的中立性への要求は一層高まっており、最高裁判決を変更する事情はない。捜査は必要に基づき適切に行われた」と主張していた。

 起訴状によると、堀越被告は衆院選直前だった03年10〜11月、東京都中央区のマンションなどの郵便受け計126カ所に「しんぶん赤旗号外」などを入れ、人事院規則が禁止する政治的行為をしたとされる。堀越被告は04年3月3日、警視庁に逮捕され、同5日に釈放されたものの在宅起訴された。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
放火:暴力団幹部に無罪判決 奈良地裁「証明不十分」
詐欺ほう助:東山魁夷贋作の被告に無罪判決 岡山地裁支部
覚せい剤:被告に無罪判決、譲渡相手の供述変遷 岐阜地裁
無罪判決:東山魁夷贋作の被告に−−岡山地裁支部
組員集団暴行:工藤会系組長、一部無罪判決−−地裁小倉支部 /福岡

拉致被害者支援法改正案、午後に衆院通過へ(産経新聞)
参院京都に河上衆院議員擁立=小沢氏主導で差し替え−民主(時事通信)
建設会社のガラス戸に弾痕…福岡・嘉麻(読売新聞)
スーパーで万引き、車で逃走…容疑の教諭逮捕(読売新聞)
金子みすゞ展 大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。